過払い金請求は弁護士に相談を

消費者金融などに借金をしている人で長年に渡って返済をしているという人の場合では、もしかすると過払い該当するかもしれません。何年も前に消費者金融などから高い金利で借金をしていれば過払いになっているケースが多くありますので確認してみてください。以前は、法律上の矛盾があり高金利の貸し付けをしていたということがあり、法定金利以上に支払っていることがあるのです。

 

法改正以前の借金が残っている人で、何年もも借金返済を繰り返しているという人は、もしかしたら、過払いになっていませんか。もし、過払いになっていたら、過払いの問題は弁護士事務所などで相談できますので、現在の法律の金利で、計算して調べてもらうことができます。調べてみて、過払いがあったという場合には、実際には、もう返し終わていたということもあるかも知れませんし、それよりさらに多く払っていた分は、返してもらうこともできます。

 

過払い金があって、お金を取り戻すことができた人では、まだ、200万円も借金が残っていたのに、再計算をしたら、もう借金は返し終わっていて、368万円の過払い金が返ってきたという、話もあったそうです。この人の場合では、10年以上もずっと、この借金の返済をしていたためにそれが、実はこのような過払いになっていたのですが、もしかすると、現在、長期にわたって返済を続けている人はもう本当は、完済して、さらに過払いかもしれませんので、心当たりがあったら、弁護士事務所などどで聞くとよいです。